30日で奇跡を起こした、最強の英語学習法

あなたにも出来ます。やってよかった。

高田式長文読解法


偏差値30台から1ヶ月で70を突破!!


米国駐在10年、現役貿易コンサルタントが教える最強の英語学習法。英語を武器に数々の契約、交渉案件をまとめてきた著者が、あなたにだけ教えます。

中学、高校と英語が大の苦手で、どうしようもうなかった高田氏が、どうして英語の達人と呼ばれるまでになったのか???






そんなうまい話があるもんか !? まったく出鱈目だ、信用できん!!
うそつき!! いろんなご意見があってもっともです。

でもこれは 本当に事実です、真実です。

英語が苦手で苦労した著者だからこそ、あなたの悩みが手にとるように分かるのです。
それを解決する方法を自分自身の経験から自信を持ってお伝えする事が可能なのです。







(著者経歴)
高田 整一
昭和39年4月9日生まれ
和歌山県出身
関西学院大学 商学部卒業
商社勤務を経て、米国駐在10年
貿易コンサルタント
趣味:モータースポーツ観戦
高田 整一
昭和39年4月9日生まれ
和歌山県出身
関西学院大学 商学部卒業
商社勤務を経て、米国駐在10年
貿易コンサルタント
趣味:モータースポーツ観戦

初めまして、高田と申します。現在、貿易コンサルタントとして内外の企業と
顧問契約を結び、お客様に成り代わり、英米企業との交渉にあたっています。


今でこそ、毎日 英語を使う生活ですが、自分がこのような仕事に就けるとは、 全く考えられませんでした。

実は私もあなたと同じように英語で苦しみました、本当にお手上げだったのです。
それは、それはひどいものでした。

中学1年生の時は小学校で習ったローマ字が邪魔をして、いきなり単語が読めませんでした。ただ先生は英語は暗記だという事で、ただただ覚える事だけしかないと思い、暗記に励みました。

物覚えが悪い私は苦労しましたが、中学の英語は暗記だけで何とか切り抜けました。

ただし高校に入るとそうは行きません、自分で文章を組み立てたり、長めの文章を読んで質問に答えたり、暗記だけでは到底歯が立ちません。

3択、4択 丸バツ問題はすべて当てずっぽうという とんでもない状態でした。
当然最悪の成績でした。

そんな私がどのようにして、今、英語を駆使する仕事に就いているのか?
それだけでも知りたくありませんか?

今これを読んでいるあなたは、何らかの理由で英語を習得したいと思い、あるいは もっと強く願い、このサイトにたどり着いた筈です。

ならば、今日という日を忘れずにいてくだい。今日はあなたにとって未来を大きく変えるターニングポイントとなる日だからです。



こんなあなたの為にこの教材はあるのです。
  • 高校・大学受験までもう時間がないのに英語のコツがつかめない。
  • 海外勤務を希望しているのにTOEICのスコアが足りない。
  • 英米人の会話スピードについていけない。
  • 留学の準備を効率よくやりたい。
  • 偏差値30じゃ どうしようもない!!
  • 将来英語を使う仕事に就きたい。
  • 英字新聞をスラスラ読みたい。
  • 長文読解問題に時間が掛りすぎる。
  • 英文を速読したい。
  • とにかく英語がわからない。



私も英語がまったく分からなかった。中学、高校の授業は苦痛でした。
暗記に頼った時期もありました、でも暗記には限界があります。
覚えた事が試験に出なければ得点になりません。

そんな事とは関係なく、見た目のカッコ良さで第一志望の大学を勝手に決めていた 私は、大きな壁にぶち当たったのです。

その大学はミッション系の私立大学で入学試験の英語の割合がとてつもなく高かったのです。

そうです、英語が出来なければ合格は不可能、しかもその大学は英語試験のレベルが高く、英語の○○大学といわれていました。

逆に言えば、英語が出来れば何とかなる!!!

しかし、通常の勉強方法では全く克服する事ができず。

第一志望はおろか全20校の大学入試にことごとく失敗、お決まりの浪人生活へ。すべては、中学から全く苦手な英語を克服できなかったからなのです。

真面目に浪人生活を送った。一日も休まずに予備校にも通った、それでも英語は 苦手なままだった。

こんなに勉強しているのに、なぜ英語の成績が伸びないんだ??
良いといわれる参考書や問題集は片っ端からやった。いろんな方に相談もした。
中学時代の英語の先生や、高校時代の担任の先生にも会いに行った。

結果、どなたからも回答は似たような物だった。コツコツ毎日学習しろ、 基礎からやり直せなど。もうすでにそんな事はやっていました。

実際、勉強時間の大半を英語にあてた。もちろん予備校の授業にはひたすら出席した。

それでも低空飛行が続き精神的にもまいってきていた。
どうすればいいんだろう? ただ頑張るしかないのか? 頑張るって、本当はどういうことなのか? もう十分頑張ってじゃないか?

これ以上英語の勉強に時間を取られていたら他の科目の勉強ができない。
実際、全体的に成績が落ちてきていた。


そんなあるとき、予備校のある英語教師の一言が僕の人生を変えたのです。


「英語とはそもそも ○○○なので、○○○○○○する事が

なに?えっ?なんだ?!
この時、何かが頭のなかではじけました。
目の前がぱーっと 開けました、これだ!! これだ!!これだ!!
そうか!! そうだったのか!! これならわかるぞ!! このやり方なら簡単だ!!
ひょっとしてアメリカ人の脳みそはこんなふうに動くのか???

この日を境に自分なりに試行錯誤をくり返した。出来るぞ!!

試しに比較的やさしそうな英文読解問題をこの方法で読んでみた。
やった、一回読んだだけですべての設問にスラスラ答える事が出来満点だった。

もちろん、比較的安易な問題だったのだが、何かが変わったのです。
自分の脳の動きをイメージできるようになった。

間違いない、英米人はこんな風に文章を読んでいる筈だ。
なぜ、日本人と読み方が違うんだ??

英語は英語を作った人達、「英語を母国語とする人達が読むように読む」のがやはり正解なのです。

それからは目にする英語はすべてこの方法で読み、参考書であれ、問題集であれ、短い文章も長い文章も片っ端から、この方法で読んで行きました。

そうすると、今まで自分が正しいと思い込んでいた文章の意味がじつは間違って理解していたり、違った意味に捉えていたりしていた事を発見したのです。

冷や汗が出ました。助かったと思いました。

その時の衝撃は今でもはっきり覚えています。



心臓がバクバクしました、鉛筆を持つ手が震えました。


これだ!! これだ!! これだ!!
これは、本当におおげさではなく、まさに衝撃だったのです。



宝物を探しあてたのです。




なんと、それから約1ヶ月後、奇跡は起こったのです。




 

約1ヶ月後の全国模試で英語の成績が 



全国で13位 !!


何千人もの受験生が受けた試験で自分より点数が上の人が12人しかいなかったのです。偏差値は軽く70を超え自分が自分じゃないみたいでした。

天にも昇る気持ちでした、この模擬試験の評価はすべての志望校への合格可能性がすべて80%以上となったのです。

それもこれも英語がすべてを引っ張りあげたのです。

まさか、こんなことが本当に起こるなんて!!



そうです、奇跡は起きたのです。



おかげで第一志望の大学に合格、卒業後は英語を生かし、商社勤務、米国駐在10年、現在貿易コンサルタントとして、海外企業との交渉、代理店契約などの案件をまとめています。

それもこれもすべては苦手だった英語を克服したからなのです。

あなたも同じ感動をぜひ味わって欲しいのです。

あの時もし、私があの英語の授業を休んでいたら、今の自分はここにいません。 今、こうしてあなたに語りかけている事も100%なかったでしょう。

それを思うとゾッとします。また、なんて自分はラッキーなんだと思います。

その反面、もし中学時代や高校時代に英語の教師がこの方法を教えてくれていれば、私は浪人する事もなく、こんなに遠回りする事もなかったのです。

あなたは遠回りせずに、まっすぐ進んで下さい。
自分は何てラッキーなんだと、あなたも思って下さい。

私が気づいた、正確にはある予備校の英語講師が気づかせてくれた、ある法則。 それに従うだけで、格段に英語を理解できるようになるのです。

これさえあれば、あなたはもう悩む必要はありません。受験突破、試験で好成績、 偏差値急上昇などは、ごく些細な事だと気づく筈です。

これはもっと本質的なものなのです。



英米人の頭のなかを覗くような感覚に捉われる事でしょう。


そうです、そうなんです。


この教材でこんな事があなたに起きます。

あなたは今日究極の英語学習方に出会ったのです。
高田式があなたを全く新しい風景に連れて行くことが出来ます。


  • 長文読解問題が得意になります。
  • 英語試験の成績がアップします。
  • 受験生は今まで英語に割いていた時間を他の教科の学習にまわすことが出来ます。
  • 英字新聞が楽に読めるようになります。
  • 語学のセンスが身につきます。


当たり前ですが、これを読んだだけで、何かか変わるわけもなく、ただ、この教材を購入して頂いても、やはり何も起こりません。

実際にこの教材を試し、身につけてください。なにも難しいことはありません。 そして、それが出来る方には





間違えないでください。学習するのはあなたです、この教材を購入したからといって、魔法のように英語が理解できるわけはありません。
努力をするのは、もちろんあなたです。

主体的に英語に取り組もうとするあなただけが、習得できるのです。


ただし、現在のあなたの英語力がどのレベルであっても関係ありません。

むしろ初級者のあなたには初期の段階で英語の軸を脳にインプットする事が出来ますから、この先の英語学習の指針となる筈です。

また、中級以上で今ひとつ英語に限界を感じているあなたには起爆剤となり、一気に飛躍できる事でしょう。

巷には、"聞くだけでマスター出来る。"とか"これさえ覚えれば英語は完璧。"とか、そんな教材が売れているようですが、そんな事はありえません。断言できます。

分からないものを百回聴いても、千回聴いても何も起こりません。
私の作ったこの高田式は英語を学習するための地図です、カーナビみたいな物です。

迷いながら進むのと、確かな道しるべを持って進むのとでは到達する時間も効率も格段に違います。

この教材には実践編として私が実際にやった方法をそのまま掲載しています。
楽しく最後まで終わらす事が出来るはずです。



すべての学習とは、楽しみながら習得するのが一番です。


人間が学習において、楽しいと感じるのは、分からなかった物が分かるように
なった時です。どんどん吸収していると実感できる時です。

この教材はそんな感動をあなたにもたらす事ができます。

私は "簡単に"と申し上げましたが、"楽をして"とは言いません。
努力する気も、主体的に行動する事もしようとしない方は、この先を読み進む必要はありません。少しで良いのです。少し努力するだけで正しい方法が分かり、その後は、楽しみながらグングン学習する事ができます。

この教材はあなたに魔法をかけるのではなく、あなたの脳を英米人の脳と同じような働きをするようにするものなのです。



あなたの脳に“英語の軸をインプット”します。


極端な話し、これはすべての語学を習得する為の基本的な指針となる筈です。
もちろんこの教材は英語を習得するためのものですが、すべての語学取得に応用できる筈です。

また、この教材のサブタイトルは〜長文読解法(リーディング)となっていますが、

とすべてに有効です。

私の考えでは、視覚で捉える事ができるリーディングから入ったほうが理解度がアップするからです。ですから先ずはリーディングであなたの脳に英語の軸をインプットします。

これを基本とすれば、ヒアリング、スピーキングの力も飛躍的に伸びます。

そうです、そうなんです。


なぜなら、英語も他の言語もコミュニケーションの道具だからなのです。
相手に自分の意思を伝えること、想いを伝えること、それがコミュニケーションです。
その為の道具だと思ってください。

道具なら使い方をマスターするのが、効率を上げる基本です。
のこぎりをうまく使える人と、使えない人との差は歴然です。
仕上がりのきれいさにも差がでる事でしょう。

英語も同じです、正しい使い方を覚えれば、習得も速く、本当に使える道具として、一生の財産になります。


宝物はここに在ります。

私は宝物の在りかをあなたに明かす事ができます。


宝物を掘りに行くのはあなたです。



奇跡を起こすのは他でもなく、あなた自身です。この教材はそれをあなたにもたらすことが出来ます。

これ以上の英語習得法は他にありません。
私は自信を持って「最強の英語学習法」であると言い切れます。

私自身に起きた事ですから、自分が一番分かっています。
これは究極の英語学習法なのです。

 

私がまさか、英語の教材を作る立場になろうとは、中学、高校で英語に悩んでいた頃には夢にも思っていませんでした。

私はある企業の米国事務所を立ち上げ、初代駐米代表となり10年間を米国で過ごしました。2007年の秋に帰国しましたが、現地で知り合った日本人の方々から是非、私の英語習得法を日本で広めるべきだと多数のご進言を受け、今回こうして、高田式長文読解法としてこのサイトを立ち上げる事となりました。

現地の日系企業の駐在員の方や、また大学に研究で留学されているドクター達とお知り合いになる機会が多々ありました。

大手企業の駐在員、また医学博士の方々などから、度々「高田さんは米国の大学を卒業されているのですか?」と言われました。

なぜだろう??と思い尋ねてみると単に英語がうまいからだと言われ、しごく恐縮しました。

私からみれば、このような方達ちは英語などで悩んだ事など皆無だと思っておりました。

しかし、なかには英語が苦手で現地でも苦労している方もおられる事がわかりました。

僭越ながら、私の英語学習法をご紹介したところ、一様に驚かれました。

と、みなさんから同じようなコメントを頂きました。

と大いに喜んで頂けました。


推薦のコメント

いや〜まさに目からウロコですよ。高田さんに教えて頂いた英語習得法は納得できます。やはり、母国語以外の言語を習得するには脳の動きをその言語を使うネイティブな方たちと同じようにすれば、楽ですよね。
自分も、もっと早くこの方法を知っていれば、苦労なかったですよ。(笑)
高田式すぐにやるべきですよ。

山崎敬次
医学博士(University of California)



"英語の軸を脳にインプット"って聞いた時、ハンマーで頭を殴られたようでした。これは、受験英語でもビジネスでも、日常生活でもおよそ英語に関する事なら何でもいけそうですね。まずはこれだって感じですね。さっそく日本にいるアメリカ駐在希望者たちに教えてあげないとね。

横田まさと
製薬会社勤務(米国駐在経験あり)



ある方の紹介で、高田さんを紹介していただき、英語を教えて頂く事になりました。その時に持って来ていただいたのが、手作りの教材でびっくりしました。私はてっきり市販の物を使うんだと思ってましたから。その時は高田式とかっていう名前はありませんでしたけど。私は分かりやすさに感動しました。いままで出会った教材のなかで一番良かったです。おかげで自分にも英語が出来るんだという自信と確信が持てました。是非多くの方に、使って貰いたいです。今回サイトを立ち上げるそうで、多くの方にこの教材が届くといいですね。

堺 マキ
主婦(大阪府)



これってたぶん英語のセンスが全くない人が、英語が得意になるきっかけになりますよね。こんな教材を中学・高校で使えば日本人の英語力は大幅にアップします。英語が苦手な家内もこれで相当助かりました。

村田長治
電気メーカー勤務(米国駐在)




高田式は、誰にでも有効です。高校・大学受験を控えた受験生、海外赴任を希望される方、また英語を使う仕事に関心のある方など。

一日でも早く始めてください。高田式はあなたの脳に英語の軸をインプットする事から始めます。

私は他の英語教材すべてを否定するつもりはありません。もちろんひどい内容のものも見受けられますが、他の英語教材をすべきではない等と大それた事を言うつもりも毛頭ありません。

他の英語教材もどんどんやってください。

ただ、高田式をまず最初にやってください!!! それだけで他の教材の理解力も格段に飛躍する事でしょう。

なぜなら、高田式は英語理解の本質だからです、もっと言えば語学理解の本質だからです。母国語以外に言語を習得するという事は、まさに本質的な理解が必要なのです。

高田式を英語学習のスタートとして頂きたいのです。

これまでの教材に加筆、修正を加え最新版がやっと完成致しました。
(A4換算にて約150ページのPDFファイルとなりました。)


通常価格\19,800を予約販売特別価格として、
\14,800
にて先着80名を募集しておりましたが、
教材完成により予約販売を終了致しました。
たくさんのご予約、誠にありがとうございました。

残り7名の枠が残っておりますので、
7名分の販売が終了するまで特別価格で
ご提供させて頂きます。

高田ファミリー

このノウハウはあなたの一生の財産となります。この金額が高いのか、安いのか、私にはわかりません。 人それぞれの価値観が違うからです。

しかし、英語に関心のある方なら、今まで費やしたお金や時間を、 たったこれだけで取り戻せる筈です。

また、購入をされた方には30日間の無料メールサポートをお付けします。 但し、私ひとりが対応致しますので、限界があります。 そこで、何人までとは申し上げられませんが可能な限り対応いたします。
      [ご注文前に必ずお読み下さい]←クリック!



[特定商取引法に基づく表示]